総合運

2019年の6月のさそり座の運勢を見ていきましょう。

新年度が始まったと思ったらゴールデンウィークが終わり何かとバタバタしていて気が付いたらもう今年も折り返しに来ていたなんて人も多いかもしれません。梅雨の時期ということもありなんとなく気分がのらない人もいると思いますが、ぜひ気持ちを切り替えてください。

なぜなら今月のさそり座には変化の波がやってくるとでているので、気持ちがブルーになっているとそんな変化に対応できず一人で慌てることになってしまいます。

気持ちをきちんと切り替え、そんな波に備えていると波が高くても動揺することなく乗り越えていけるのです。そしてもし気持ちが焦っていると感じたときには大きく深呼吸をして気持ちを落ち着けるようにしましょう。

どんな変化であったとしてもそれに対して一喜一憂することなく冷静でいることが大切といえるのです。

その変化はいつも心を躍らすようなものとは言えず、もしかしたらあなたにとってつらいものである可能性もあるでしょう。もちろん逆に嬉しくなるような変化である可能性もあります。

それがどんなものであっても感情に左右されるのではなく、リラックスし気持ちにゆとりがある状態で受け入れる姿勢でいると心に大きな負荷をかけることはないでしょう。

今の時点ではこれがどういう意味なのかいまいち理解できないかもしれませんが、この6月がおわるころにはその意味が分かるのです。

感情に振り回されてしまうと自分自身を見失ってしまうこともあるので、どんな変化であっても今のあなたに何ができるのかということをポジティブに考えてみましょう。

2019年全体のさそり座の運勢は好調といえ、運気があなたの味方につくというよりはあなた自身がいい運気を引き寄せるようです。自分という軸をきちんともち、そのうえで長所を理解しうまくアピールするといい方向へと流れをもっていける、そんな運勢をしています。

ただしそんな運勢もこの6月だけは違う流れとなっているのでどうしたらよいのか分からなくなってしまうのです。

これはひとつの例えですが、もし懸賞に応募していたり宝くじを買っている人がいればその券がどこにあるか一度確認する必要があります。なぜならせっかく当たりがでたとしても肝心な券をなくしてしまう可能性があるからです。

また思いもよらない臨時収入があれば、その嬉しさのあまり友達と食事にでかけて酔った勢いでおごり、翌日に自分の財布をみて愕然とするなんてことになるかもしれません。

せっかく入った臨時収入ということで買おうかどうしようか迷っていたものをようやく購入して喜んでいたと思ったらすぐにそれを落としてしまうなんて可能性もあります。

このようにテンションがあがることがあり喜んでいたら、すぐ後にテンションが下がるようなことが起こりやすいのです。そしてそれは誰かのせいというよりは自分自身の不注意からおこることなので自己嫌悪になるでしょう。

そしてそれは人間関係でも同じことがいえるのです。

ドキドキするような気になる人ができて楽しい毎日を送っていたと思ったら、実はその相手がものすごく浮気性だったり、あなたが受け入れらないような何かがあるかもしれません。

もしかしたらあなたがその現場を目撃するかもしれないでしょう。

それは恋愛面だけではなく、身近にいる人の何か見てはいけないものかもしれないのです。そんな現場を目撃してしまうのもこの6月のさそり座の運勢ともいえます。

ですので何か嬉しくなるようなことがあったときこそ、次の自分自身の行動に注意する必要があるのです。

嬉しいことがあると気持ちが舞い上がってしまうのはわかりますが、そこで気を抜いていると一気に突き落とされてしまうので、調子に乗らず、嬉しくても気持ちを少しおさえ、冷静な判断と行動をすることが大切であるということを覚えておいてくださいね。

金運

2019年の6月のさそり座の金運を見てきましょう。

今月は変化がおとずれる運勢となっているさそり座ですので、一つ一つの変化を落ち着いて受け入れる準備をしておく必要があります。

備えていないと総合運でもお伝えしましたがどのように対応したらよいのかとまどってしまうのです。

特に気を付けてほしいことは、懸賞や宝くじがあたったり、突然の臨時収入があるなど、思ってもいないところからお金が入ってくるときです。または急に家の家電が壊れたり、車の修理が必要になるなど大きな出費が発生したときです。

予期せぬことで大きなお金が動くと気持ち的に負荷がかかるので、大きな決断をしなければならない状況の場合、できるだけ今月はさけ、来月以降に決めるようにしましょう。

この6月は変化もおおく気持ちにあまりゆとりがない状況といえるので、感情的になりやすく、お金が入れば気持ちが舞い上がって散財したり、大きな出費があると気分が下がってしまい冷静な判断ができないのです。

しかしここで一喜一憂してしまうと、お金の循環が悪くなってしまうのでできるだけ心を静めるよう意識してください。

今の時点で気を付けようと思うことは簡単ですが、実際の状況になると思うようにコントロールできなくなるので強い意志をもつ姿勢でいましょう。

仕事運

2019年の6月のさそり座の仕事運を見ていきましょう。

仕事の面でも変化があるため、心の準備をしていないとその変化に対応できずにとまどってしまうようです。

新年度がはじまり、ゴールデンウィーク明けの忙しさも落ち着き少し一息ついているときかもしれませんが、今月はちょっとしたことにイライラしてしまうでしょう。

この6月は運勢の波が大きく変化するときで、特に前半と後半では波の動きがことなるので余計にさまよってしまう可能性があるのです。

前半は仕事に集中でき、思うようにスムーズにすすんでいくのでこのまま順調にいくと思っていると後半になって集中力がきれ、スピードがおち、壁にぶつかってしまいます。

それはプロジェクトをすすめるにあたりいいチームになってきたと思っていたら、急に人が辞めていったり、チームの雰囲気をかえてしまうような人が加わるということです。

ここでもあなたの周りの環境があなたの感情を乱す可能性があるでしょう。

どんな状況になったとしても感情的になるのではなく、落ち着いて一つ一つを丁寧に対応していたら大きな問題になることはありません。

恋愛運

2019年の6月のさそり座の恋愛運を見ていきましょう。

今月は人間関係でも変化があるときですので、思いもよらないようなところで新しい出会いがあれば、逆に突然のつらい別れがあるという運勢になっているのです。

もしかしたら気になる人ができたと思っていたら他の人にもドキドキするなんてことがあったり、恋人がいる人でも他の人に気持ちが揺れるなんてこともあるかもしれません。

片思い中の人からデートに誘われてルンルン気分ででかけていったらあなた的には受け入れらないような部分をみてしまうなんてことがあったり、これまで友達だと思っていた相手に対して恋愛感情がでてくるなんて可能性もあるのです。

相手との会話や態度によってあなたの気持ちが大きく変わるのが恋愛の醍醐味でもあるので、恋愛運としてもいい傾向といえます。

自分で自分の気持ちがわからなくなったり、相手のちょっとした言動によって気持ちがゆれるのが恋愛の楽しいところですよね。

そういう意味でも、この6月のさそり座は恋愛らしい恋愛ができるときですので積極的に恋愛をして楽しむくらいの気持ちでいましょう。

待っているだけではなにも引き寄せることはできないので、自分から行動していくことが大切であるということを覚えておいてくださいね。

さそり座